日焼け止めクリームの使用方法

その人それぞれに生活スタイルも違い、外出の状況も違うので、

日焼け止めクリームもそれに合わせて使うようにするといいでしょう。

 

紫外線を防止するには、さまざまな日焼け止めクリームの使い方で

効果をあげることができます。

 

例えば、室内でお仕事をしている人が日に当たるのは朝の通勤だけです。

 

1日の中で日に当たる時間が20~30分程度だけなら、

日焼け止め化粧品を毎日使用する必要はありません。

 

1日中日焼け止めクリームをつけたままになる方が、逆に

肌に負担を与えていいことはありません。

 

紫外線B波をカットする効果のあるファンデーションを使うようにし、

日焼けしそうな部分に重ねて塗るようにすればいいでしょう。

 

日焼け止めクリームは真夏に部分的に使用し、他の化粧品、

スキンケア商品併用することもより効果的な日焼け対策になります。

 

家事で1日のうち何度も外に出て日に当たることのある主婦は、毎朝の

スキンケアの後に日焼け止めクリームを使うようにし、SPF値は20、

PAは++程度のものを選ぶといいでしょう。

 

それと同時にパウダーファンデーションを使うようにして、

紫外線防止の対策を強化しましょう。

 

額や頬骨、鼻は紫外線が当たりやすい場所ですから、他の部分よりは

多めに日焼け止めクリームを使用しましょう。

 

キャンプや海水浴などに出かける場合は、長い間日に当たることになるので、

日焼け止めクリームはSPF値の高いものを使い、SPF20くらいで

あれば重ね塗りして強い日差しでの日焼けを防止するようにしましょう。

 

日焼け止めクリームにはファンデーションに近いような成分が使われているので、

使用した後のクレンジングでは、洗顔料だけではきちんと落とすことはできないので、

クレンジング剤と洗顔料の両方でしっかり洗い流し、その後は

化粧水などで十分に保湿ケアするようにしましょう。

 

 

日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点

日焼け止めスキンケア商品は数多くありますが、日焼け止めクリームは

その中でももっともよく使われるタイプです。

 

数多くあるスキンケア商品は、今ではスーパーやドラッグストア、

そしてコンビニでも簡単に手に入るようになっています。

 

紫外線の強い季節には女性にとって大切な日焼け止めクリームですが、

たくさん日焼け止めスキンケア商品があるだけに選ぶ時の注意点中を

ピックアップしてみます。

 

日焼け止め用品に必ず書かれてある、SPFの値があります。

 

シミやそばかす、そして皮膚がんの原因でもある紫外線B波を

遮断する力を表しているのが、SPF値です。

 

日焼け止めクリームなど何も付けていない素肌と比べて日焼けが

始まるまでの時間を何倍に延ばすことが出来るかという目安です。

 

たとえばSPF値が2であれば、日焼けが始まるまでの時間を

3倍まで延長できるということです。

 

そしてSPF値と同じく、常に表記されているのがPA値です。

 

この値は+、++、+++というように3段階で示され、皮膚を黒くしたり

しわやたるみを作る元である紫外線A波(UVA)を防止する力を表しているのです。

 

また肌にできるだけ負担にならないものを使用するためには、日焼け止めクリームの

中でも香料や着色料、そして防腐剤、紫外線吸収剤などが使用されていないものを

選ぶようにするといいでしょう。

 

日焼け止めクリームを長時間つけっぱなしというのも肌への負担がかかります。

 

SPFもあまり高すぎると日焼けよりも今度は肌への負担が心配になるので

日常ではSPF20程度の日焼け止めクリームで十分でしょう。

 

 

日焼け止めクリームと紫外線

日焼け止めクリームは5月頃から化粧の下地として

使う女性が多くなっています。

 

日焼け止めクリームを使用するのは夏だけでなく、初夏前から

紫外線に気をつけるというのが常識となりつつあるからです。

 

日焼け止めクリームの利用と紫外線量には大いに関係があるからなのです。

 

皮膚のしくみから簡単に解説しますと、皮膚は体の一番外側に

ある臓器であり、皮膚の表面から深部に向かって表皮、真皮、皮下組織

の3層から形成されています。

 

表皮は、皮膚の組織の中では、体の内側を紫外線や

化学物質といった有害なものから守る役目をしています。

 

表皮が形成されているのは角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4つの層で、

表皮細胞がその基底層から作られます。

 

その後有蕀層、顆粒層、角質層へと押し上げられていった表皮細胞は、

最後に角質層で剥がれ落ちます。

 

このように肌が変化することをターンオーバーと呼び、28日の周期で

皮膚は新しく生まれ変わります。

 

日焼けのメカニズムは、基底細胞の間には点々と存在するメラノサイトが

つくるメラニン色素が日焼けの原因となっています。

 

こんな日焼けの元であるメラニン色素も、実は紫外線が皮膚細胞を

破壊しないように守るという、大変重要な役目も持っているのです。

 

しかし、紫外線による日焼けは皮膚にダメージを与えますので、

日焼け止めクリームによって日焼けをしないようケアすることにより、

肌老化、シミ、シワやたるみの防止をしたいものです。

日焼け止めクリームは、このように肌を紫外線から守って、健康で

若々しい肌を維持するために大切なものなのです。

 

 

話題のグローブ型美顔器

今話題の美顔器にグローブ型美顔器というものがあります。

エステなどでは、顔などの肌のケアをするのに、

グローブ型の電導美顔器を使用しています。

 

エステのグローブ型電導美顔器を家庭でも簡単に

使えるように開発されたのがグローブ型の美顔器なのです。

 

刺激を微量に調節しながらスムーズに筋肉に働きかけることが

可能なのがフェイス用グローブです。顔の皮膚は脂肪が少ないからです。

 

電流の伝導率を高めた特殊グローブのおかげで、グローブ型美顔器は

低周波美顔器特有のビリビリして電導がほとんどありません。

 

ですから快適で効果的なトリートメントができるようになっています。

 

美顔器が作動しているかどうかの試し方は、手のほうが刺激を感じやすいので、

直接手にはめることで確認できます。

 

フェイス用に比べて、ボディ用グローブの美顔器の場合は、

やや刺激を感じる程度の電導で、脂肪の内側の筋肉にしっかりと

届くように働きかけます。

 

グローブ型の美顔器は、手のひらで絶妙なコントロールができるのが特徴です。

 

気になるお腹や太もも、ふくらはぎなどの大きな筋肉まで

きちんとスキンケアできるのです。

 

フェイス用グローブもボディ用グローブも低周波の

出力量をそれぞれ細かく調整ができます。

 

体の部位や好みに応じて使い分けが可能です。

 

エステの効果を自宅で体験することができるのが、この話題のグローブ型美顔器なのです。

 

 

美容ローラーは人気の美顔器

大手ショッピングサイトでは、美容ローラー美顔器として

人気がとても高いようです。

 

岩盤浴と同じトリウム鉱石やムーンストーンが配合されてる

美容ローラーは美顔器として大変人気があるのです。

 

それだけではなく、この美顔器にはシリカやゼオライドといった

特殊鉱石が10種類以上も配合されています。

 

美しい肌のために開発された美容ローラーは、基本的には

顔に使用することが多いようです。

 

けれど顔だけではなく、この美容グッズはあごや首筋、

二の腕やおなか周り、ふとももといった全身に使うこともできるのです。

 

肩や首の筋肉のコリや疲れにもこの美容ローラーを使うことができます。

 

入浴時は血行が良くなりますので、お風呂での使用がよい効果的でおすすめです。

 

シワやたるみの原因である表情筋の引き締めには、お風呂に入りながら

美容ローラーを転がすのが良いでしょう。

 

この人気の美顔器はリンパの流れを促進する効果があり、

ャープなフェイスラインを作りあげるのです。

 

セラミックやトリウムイオン、マイナスイオン、遠赤外線といった

岩盤浴にも使われているものが美容ローラーのヘッドからは放出されています。

 

美容ローラーは肌の保湿力と水分の浸透力を高めてくれるのです。

 

つるつるスベスベの美しい素肌を手に入れるための美顔器として人気なのです。

 

 

美容外科によるフェイスリフト

顔のたるみが深刻になると、美容外科での施術という方法もあります。

始めにカウンセリングを受けます。

 

そのときに希望するフェイスリフトを行う箇所や、自分の「しわ」「たるみ」の

状態などについてきっちり伝えることが重要です。

 

また同時に脂肪吸引などの複合の手術を行う場合には、そのことについても相談しましょう。

 

コンプレックスや自分の希望などを考慮して、手術計画が作られるでしょう。

 

実にさまざまなやり方でフェイスリフトは行われています。

 

ひとつは内視鏡を使うやり方です。

 

ほかには骨膜下に顔全体の挙上を目指す方法や、SMASと

呼ばれる組織を引き上げ顔に張りを持たせるものなど、

たくさん開発されているようです。

 

切開箇所については小さく髪の中だけに加えられるものもあります。

 

頭部から耳後部、後頭部毛生え際に向けて加えられる切開線などもあります。

 

フェイスリフトアップ手術を希望するのは、50歳前後の人が多いようです。

 

その年代の場合は典型的な側頭部から後頭部にかけての切開線で

皮膚を引き上げるうようです。

 

SMASとう方法が一般的です。

 

これはゆるんでしまった組織を引き上げ、さらに余分な皮膚を

切開線に沿って切り取るというやり方です。

 

またミニリフトという側頭部の有毛頭皮をある一定の肌切除して

縫合するという方法もあるのです。

 

原則的な手術とはまた違ったやり方です。

 

メスを入れるということでよく考えてから行う方がよいと思います。

 

 

フェイスリフトアップの顔やせグッズ

顔やせやフェイスリフトアップのグッズは、ドラッグストアや

ネットショップで人気のある商品です。

 

その中でもよく見かけるのが、フェイスリフトアップの顔や

せグッズである小顔マスクです。

 

お風呂で小顔マスクを装着すると、血行がよくなり発汗作用があるので、

フェイスリフトアップにはとても効果的です。

 

さらに効果をあげるには、お風呂の蓋を半分閉めて、湯気が

顔にあたるようにすると良いようです。

 

フェイスリフトアップの顔やせグッズとしては

ゲルマニウムジェルも人気があります。

 

ゲルマニウムジェルは顔の引き締め効果が抜群です。

 

同時にマッサージをするとより高い効果が得られるようです。

 

たるみをリフトアップするために、アゴや顔の筋肉を

ストレッチするストレッチタイプのものもあります。

 

他のフェイスリフトアップの顔やせグッズには、口の筋肉を鍛える

マウスピースタイプのものもあります。

 

口を閉じてマウスピースからロープを引っ張ります。

 

これで顔の歪みととって噛み癖を矯正し、顎関節を矯正する器具です。

 

ストレッチタイプのフェイスリフトアップの顔やせグッズは、

なかなか閉じられない場合があります。

 

まずは閉じられるよう練習することから始めます。

 

フェイスリフトアップの顔やせグッズは千円台から一万円以上のものまで多種多様です。

塗るボトックス化粧品

美容健康雑誌などで、ボトックス注射と同様に、塗るボトックス化粧品も

紹介されていることがあります。

ボトックス化粧品とはいっても、市販されているものは、

ボトックス成分が含まれているわけではありません。

アルジルリンというボトックスのような効果が得られる成分が

含まれている化粧品のようです。

手軽に毎日のスキンケアでシワが軽減できるということで、

人気を集めている美容化粧品です。

その価格はだいたい1万円前後のようです。

筋肉の動きを麻痺させるボトックスと同じような効果がこのアミノ酸の

一種であるアルジルリンにはあるようで、

顔のシワに有効だといわれています。

 

この化粧品は皮膚の薄い目元などに適しており、美容効果が

表れる目安としてはおよそ1ヶ月くらいです。

 

ボトックス注射は少し不安だという方、塗るボトックス化粧品に

興味のある方に人気があります。

 

今後は皮膚の厚い部分にも塗れるようになるボトックス化粧品も開発中のようです。

 

具体的な塗るボトックス化粧品の使い方ですが、まず洗顔後に

化粧水で肌の状態を整えましょう。

 

それからシワの気になるところにボトックス化粧品を丁寧に

ぬりこんでいきましょう。

 

ボトックスは塗りこんでから数分で乾いてきますので、乳液や

クリームなどの保湿化粧品で肌を保湿することが大切です。

 

塗るボトックス化粧品は普段のスキンケアとしてと一緒に使えるので便利です。

 

 

ボトックス注射の方法

ボトックス注射の方法を具体的に解説しましょう。

ボトックス注射を行う美容外科クリニックでは、

事前に個別カウンセリングが行われます。

よく美容外科クリニックを見極めて選び、カウンセリングを

事前にしっかりと受けるようにしましょう。

どのようなボトックス注射を受けるのがベストなのか

相談することが大切ですので、自分の気になっている肌の状態や

希望の治療などもしっかりと伝えましょう。

とくに費用の面に関しては明確に把握しておきましょう。

ボトックス注射の場合、継続的な治療が必要になるかもしれないからです。

そしていよいよ治療です。

ボトックスを治療する部位に注射注入します。

このとき麻酔をかけて注射を打つときの痛みを和らげる場合もあります。

通常の注射とボトックス注射の痛みは同じくらいだといわれています。

皮膚の表層部分にボトックスを注入するボトックス注射では、

治療する部位によってその治療時間は異なります。

範囲が顔全体のように広くなると1時間程度かかりますが、部分的な

シワであれば10分ほどで治療は終了します。

部分的な目じりや眉間のシワであれば一般的に3万円~6万円程度です。

当然ボトックス注射をする範囲が広がればその分費用も高額になります。

 

 

ボトックス注射の注意点

ボトックス注射を受けるとき、いくつか気をつけなければならないことがあります。

ボトックス注射をした当日は、顔のシワに対するボトックス注射を受けた場合、

洗顔や洗髪、入浴などが可能となります。

ボトックス注射の場合、メイクも個人差によりますが当日から可能な場合もあります。

けれど肌への負担のことを考えると、できればボトックス注射をした当日は

メイクを控えるようにしたほうが無難です。

マッサージやサウナも肌への負担になります。

そういう意味で当日はやらないほうが無難でしょう。

注入したボトックスが分散してしまう可能性があるからです。

せっかくの美肌効果が台無しになってしまいます。

このボトックス注射の注意点ですが、筋肉にボトックスが作用する

美容療法だということがあげられます。

軽い顔の麻痺や、まぶたが重く感じるなどの副作用が治療後に出る場合も

ありますので気をつけましょう。

たいていの副作用はボトックス注射から2週間程度で回復するといわれています。

この副作用が2週間よりも長く続くようであれば、施術した医師に相談しましょう。

ボトックス注射の効果は永久ではなく、3ヶ月~6ヶ月程度と言われています。

そしてこのボトックス注射の効果を維持するには、継続的に治療を受ける

必要があることも忘れてはいけないことでしょう。