美容外科によるフェイスリフト

顔のたるみが深刻になると、美容外科での施術という方法もあります。

始めにカウンセリングを受けます。

 

そのときに希望するフェイスリフトを行う箇所や、自分の「しわ」「たるみ」の

状態などについてきっちり伝えることが重要です。

 

また同時に脂肪吸引などの複合の手術を行う場合には、そのことについても相談しましょう。

 

コンプレックスや自分の希望などを考慮して、手術計画が作られるでしょう。

 

実にさまざまなやり方でフェイスリフトは行われています。

 

ひとつは内視鏡を使うやり方です。

 

ほかには骨膜下に顔全体の挙上を目指す方法や、SMASと

呼ばれる組織を引き上げ顔に張りを持たせるものなど、

たくさん開発されているようです。

 

切開箇所については小さく髪の中だけに加えられるものもあります。

 

頭部から耳後部、後頭部毛生え際に向けて加えられる切開線などもあります。

 

フェイスリフトアップ手術を希望するのは、50歳前後の人が多いようです。

 

その年代の場合は典型的な側頭部から後頭部にかけての切開線で

皮膚を引き上げるうようです。

 

SMASとう方法が一般的です。

 

これはゆるんでしまった組織を引き上げ、さらに余分な皮膚を

切開線に沿って切り取るというやり方です。

 

またミニリフトという側頭部の有毛頭皮をある一定の肌切除して

縫合するという方法もあるのです。

 

原則的な手術とはまた違ったやり方です。

 

メスを入れるということでよく考えてから行う方がよいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です